花嫁の間に少しの距離を保つことがまだ良いと思いました。

それはのキャンパスを散歩することをお勧めしますしかし


「ああ、はい、私はあなたに話すのを忘れていました、私たちはいつも明日彼と一緒に出かけるように言った、それで私は明日後で戻ってくるかもしれません、あなたは私を迎えに行く必要はありません。」
賞賛を聞いた後、男の顔は変わり、彼の眉毛は少ししわになりました。缪缪、缪宁?結婚相手の寧のため、なぜ女は着替えに多くの時間を費やしたのですか?湊に対する彼の以前の判断が間違っていたとは言い難いが、湊が女を賞賛しようとしているのではないか。このように考えて、男のトーンは少し重くなっています。

「あなたはいつも外出するように頼みますか?」
女は男を見て、現時点で男は少し危険だと感じていましたが、その危険性については彼女は言うことができませんでした。男の言葉を聞いた後、女は首を横に振った。

「仕事と関係があるはずです。私はいつももう少しフォーマルな服装をすると言っていましたが、フォーマルになり過ぎる必要はありません。そのような機会に屈することはめったにありません。あまりにも正式ではない、私はちょうどこれらの服を見た、そして私の頭は少し大きかった!」
女はベッドの上の服を見て、彼女が男のスピーチのトーンにあったことに気づかなかったと言いました、台無しにすることの意味はより強くそしてより厚くなっていました。それは上です。

花嫁の間に少しの距離を保つことがまだ良いと思いました。

男は、女が仕事に関連していると述べたことを聞き、女の服を買うための湊の要求を聞いた後、彼の顔はずっと良くなったと思います。それから、女の恨みスタイルが台無しになり、男に聞いてもらい、それが贅沢に使用されていると感じ始めました。
私の心の中でそれについて考えて、男はおそらく湊が女を彼と一緒に外に連れて行かせたことを知っています。まあ、その機会に、それはまだ女に適しています、彼女が見て見に行ってみましょう、それはまた非常に良いです!この湊の決定は男を非常に高く評価し、男の外観はより柔らかくなりました。女は男を見て話しませんでしたが、全身の雰囲気はもっと柔らかいように見えました男を見てみると、脳の速度もはるかに速くなっていました。
「それでも、明日にぴったりのドレスを私が選ぶのを手伝うことができます!」

女は男を見て、私はそれが良いと思いましたが、私が実際に話すときにはまだ少し緊張していると言いました。

しかし、女の心はすぐにこの考えを変えた。これまで男は彼女からの要求を拒否したことはないようだ。
あるべきです!


「やめて、服を選ぶ手助けをさせてください。」
男はやや不確実なようだ、そして彼はそれをまた確認した。女はうなずいた。
「ええ、私は本当にそれを拾うことができません!それは、あなたにとってあまりにも面倒なことですか。それがうまくいかないなら、それを忘れて、私はゆっくりと拾います!」
女は一言で言うと、男の見た目がやや間違っているように思われることに突然気付き、男はこのような仕事を好きではないと思ったので、男を恥ずかしくさせたくないと思い、すぐに言いました。男は女の苦情の様子を見て、心の中で少し微笑みましたが、女のために働くことを試みました。


男の顔は穏やかになっただけでした。

たとえ彼が毎日それをすることを許されたとしても、彼は恥ずかしいと感じるでしょう!彼は彼が彼に彼にそのような要求を求めるとは思わなかったので彼はただ躊躇しました、そして彼は少し驚きました!男は、振り向こうとしていた女の腕を引っ張り、女に微笑みかけた。
「問題ありません、しばらく座ってください、迎えに行きます!」
男の言葉を聞いてすぐに女の表情は喜びを訴えるようになり、頭をうなずいた後、男は暖かい温かいミルクを与えるように叩いた。静かに牛乳を飲んでいる間男を見て、男は彼を待って、このように女を見ましたサービング
外観は、笑顔だけでなく仕方がない、何も言わず、向きを変えて部屋のクローゼットまで歩いた。女は以前に何組かの服を試着したことがあるが、今はベッドの上で乱雑であるが、クローゼットの中の服が依然として大多数を占めるので、男はベッドの上で乱雑な服のセットを選ぶためにベッドに行きたくないので、ちょうどクローゼットの前にまっすぐ歩いた。
女は暖かい牛乳杯を持ってそれを飲みました、しかし、彼の目はみんな男に続きました男を見るとゆっくりとクローゼットの前に歩いて、ゆっくりとクローゼットの中の服を拾い始めました。女の心が徐々に暖かくなっていきます。この温かい気持ちは、彼女が飲んだばかりの温かい牛乳ではなく、彼の前の男によってもたらされたものです。女は、子供の頃からその年齢まで、そのような経験をしたことは一度もなかったようですが、部屋のクローゼットの前にいる男が、隣の人が着る服を選ぶのを手伝ってくれました。

女と一緒に家にいました。

夫は長年一緒に暮らしていて非常に暗黙の理解を持っているカップルのようです。夫は妻がボールに参加するための服を選び、妻は何もする必要はありません。試してみてください。夫が服を手に取り、夫にそれを見るために身に着けるまで待ってください、ちょうどいいです!女はクローゼットの前で男を見て、男がクローゼットから2つの服を選ぶのを見て、男を見て、男の声が聞こえるまで2つの服を持って歩いた。私はショックを受けました、ああ、彼女の妻、彼女の夫が彼女のために選んだ完璧な衣装を試着し始めるべきです!


やってみよう、なんて!

ああ、いいよ
女の反応がやってきたので、すぐに小さな噛み付きと少しの飲み物を飲んでいたミルクカップを下ろし、立ち上がって男から服を脱いだが、女の顔はすでに赤はりんごのようです。今回は、男が彼女をからかったのではなく、女が彼の頭の中の考えに真っ向から直面したためです。


花嫁の宣伝にはまだ非常に重要です。

ああ、ああ、彼女は実際には男を見て、明らかに、彼女と婚約者の陽翔の間で、年配の妻と彼女の妻の暗黙の理解について考えていました、それはそのレベルに達していません!女は長い間バスルームに滞在し、外で待っていた男は静かに座って急いでいないようでしたが、彼の目はいつも女を待っているかのように常にバスルームのドアの方向を見ていました。内側から出てくる。服を着た後、女はすぐには出ませんでしたが、顔が洗い流されていないと判断するまで感情を片付け続け、それからゆっくりと浴室のドアを開けて中から出ました。
しかし、浴室から出たのは女が男の目の上だけだった、男の目からは私はその期待を見た、そして男の目のためすでに落ち着いていた女は助けにはならなかったがハートビートは数回加速しました、1つは準備ができていなかった、そして彼が歩いたとき、彼は偶然につまずいた。ああ!女の恐怖の恐怖で、女は恐れのために身長で正面に急いだ、それで彼は正面に向かって急いだ瞬間に、女は彼の目をしっかりと閉じた。しかし、予想の苦痛は長い間感じられておらず、代わりに、女は暖かい抱擁に陥っているように感じています。おなじみの顔です。
あなたはどのように感心するでしょう、あなたはただそこに座っていなかった、あなたがそんなに早く彼女のところに来たのか、そしてまだ彼女が地面に投げられるのを避けながらそんなにタイムリーにつかまったと言いました。悲劇!
「注意してください、どうすればあなたは自分の部屋に落ちることができます!あなたの母親はあなたが本当に間違えてはいないと言ったようです!」

花嫁の寧はただそれに耳を傾けているように見えました

女はまた、男にこの文の意味を尋ねることを望んでいる、と彼女の母親は彼女に言いました、しかし、すぐに、彼女は彼女が前に男に話したことを思い出しました文は実際に男によって覚えられていました、そしてそれは上がって彼女を言うのはとても速かったです!しかし、これは最も重要なことではありません、最も重要なことは、副音声である男が起こったことです。女は男の声を聞いて彼を見たが、まるで彼が男によって蜂蜜瓶に吸い込まれたかのように全員が感じた!男は彼女を甘やかされた顔のように見た、そして彼女に話しかけた声も究極のペットの声だった。
「それ、それで、あなたは私に最初に行かせてもらえますか?」

ムーの声が少し震え始めたので、グー・ユッチェンを見ても、グー・ユーヘンから離れずに自分の心が良くないと言ったら、本当に飛び出してグー・ユチェンの胸に飛び込むだろうとも感じました。幸い、私は女の言葉を聞いた後少し休止しましたが、男は女の意味に従ってそっと彼女を手放しました、そして彼女が着実に立ち上がることができると確信するまで、彼女を開けなさい。

はついに男から少し離れ、女の心はようやくほっとして心の鼓動を静めました。やめて、急いで!ああ、いや、やめられない、スローダウン、ゆっくりジャンプできない!