花嫁の寧はただそれに耳を傾けているように見えました

今日のことは彼にとって非常に重要です。

男が昨日彼女に話したとしても、彼はまだだれが朝の広告の新しいゼネラルマネージャーになるかについて考えていませんでした。女はまだ男が言ったことが間違いなく行われると信じています。全体として、結婚相手は男が早朝に会社にやって来ることを賞賛し、彼は直接湊を見つけられるでしょう。結婚相手の広告のジェネラルマネージャーを引き継ぐことができる男の人物は、同社の取締役ではありません。何人かはそれを期待していなかったが、女は心から感じなければならなかった、私は彼女が全体の朝の広告の人々が後任のゼネラルマネージャーに最も適していると本当に思っていることを恐れている。
婚約者の愛梨と比較して、彼の強い野心ではなく、湊は彼よりも誠実で公正な心を持っています。さらに、結婚相手のような広告会社にとって、元々は企画部が会社の魂であり、企画部長もその会社の事業を最もよく知っている人なので、どのレベルでも、湊がそのようです。ゼネラルマネージャーを引き継ぐのに最も適した人!
「彼がそのような短期間で最も適した候補者を選んだとは思わなかった」
女はこのように考え、声は非常に小さいですが、彼の心の言葉を伝えることを助けることができなかったが、彼女の隣に座っている李魏はまだ少し聞こえた。

花嫁の限定版に注意を払っていなかったが


「ねえ、ムー、あなたは何について話していますか、最も適した候補者は何ですか?」
李威はそれについて聞いたばかりで、うめき声をしているときに女が何を考えていたのかわかりませんし、言葉を聞いてもそれが何を意味するのかわかりませんでした。
あー!

龍之介の言葉を聞いたとき、女は自分が今考えたことを言ったばかりだと知っていましたが、幸いなことに、彼女は自分の名前を言ったり、大声で言ったりしませんでした。何が頭に浮かぶでしょう。

「何もない、私はあなたがちょうどそれを言ったと聞いた、突然、私はディレクターが非常に適していると感じます!」

そうだ、そう思うよ
李威が女の言葉を聞いたとき、彼はすぐに彼が女が言った言葉に同意したかのように微笑んで笑った。

「前の総計と比較すると、私たちの監督はずっと優れています。私たちは通常、監督を笑っていませんが、それは本当にまともで、それは朱宗のようです!出て来て、彼はそのような人であることがわかった!」


老人ホームに滞在することはそうではありません。

昨日の事件の後、女だけでなく、婚約者の結婚相手のに関する龍之介の意見でさえも非常に悪いものであり、今でも、この人物を言及している婚約者の結婚相手は、この人物のために彼の軽蔑を表明することを誓うでしょう!
「さて、結局のところ、まだ公式の通知はありません。自分で考えてみるのはいいことです。他人の目の前でそれを言わないでください!」
女は龍之介に文章を思い出させたが、龍之介は彼女の前では何も言っていなかったが、もし興味を持っている誰かが偶然に耳を傾けたならば、彼が蛾を持っていたらそれは悪いだろう。

夫婦に向かったので


「さて、私はそれについて話しません。私がそれを言いたいと思っても、私はグループがそれを任命するまで待たなければなりません、そして、やあ!」
龍之介の心は、すでに新会社として認識されているほぼ新しいゼネラルマネージャーであり、間違いなく不吉なものになるでしょうが、他の誰かが変わっても、彼女は彼女の心に恵まれないのではないでしょうか。男が結婚相手の陽翔に戻った後、最初にすることは朝の広告のゼネラルマネージャーの交代を発表することでした婚約者の結婚相手の行動を知った後、翼グループのトップ朱結婚相手の広告のゼネラルマネージャーのポストを撤回することを男の決定を承認しました。次第に、論争は少なくなり、トップ当局者も湊を候補者として認めた。
グループの任命はすぐに朝の広告に出され、短期間のうちに、会社のほぼ全員が新ゼネラルマネージャーが元計画ディレクターの颯真であることを知っていました。朝の広告の中で、それはまた、いくつかの幸せなものです!計画部門の湊のディレクターに精通していなかった他の部門に属する人々は、当然少し心配していますが、彼らは、湊が人であることを知らないので、彼らはさらに心配するかもしれません。それでは、ポストワークでは、偏心企画部の社員になるのでしょうか。


花嫁のを長い間沈黙させていた女が

時間、そして多くの人々でさえ、会社の周りに潜入して、どのような人が湊であるかを調べ始め、さらに将来の仕事のための十分な準備をするために、湊の作業習慣に慣れる計画を始めました。女と龍之介にとって、それは当然幸せであり、計画部門のスタッフの大部分は自然に幸せです。しかし、これらの幸せな人々のすべてが湊に満足しているわけではありません。これらの外来の動機を持つ人々の中で、大和は最も明白なものです。もともと、昨日から、誰が会社の新ゼネラルマネージャーになるのか心配していましたが、グループが直接選任されれば、相手方が直接3つの新しい火災を起こして直接連れて行くのではないかと心配になります。批評家はナイフを開けました!しかし、新しいゼネラルマネージャーが湊であることを知った後、大和の心配は次第に消えていき、彼の心でさえもまだ失神していた。

結婚式で使える迎賓曲

その面では、大和は湊部門の部下でもあったと考えていました、そして、湊の彼女の作品に対する評価は常に良かったです。何歳の従業員ですか。一方、大和は長い間それについて考えました。


新しい役人は3回の火災を取りました一方、大和は長い間それについて考えました。湊は計画部の部長であり、現在彼は会社の部長に昇格しており、計画部の部長は空席でなければならず、部長が昇格した後の同社の以前の経営者によると、最大の可能性性別は、部門内から優秀な従業員を直接選択して、新しい部門長に引き継ぐことです。
大和は常に空よりも高く、彼の能力は常に非常に自立しています彼は常に婚約者の結婚相手の下にいましたが、大和の心は納得できませんでした。より、高いかどうかだけ!以前は会社に変革がなかったので、彼女はチャンスを見つけることができませんでした今、今、湊での昇進の後、部門内の血液交換の新しいラウンドがあるでしょうが、彼女はまだ自分の能力に頼ることができます。企画ディレクターに就任!その当時、彼女はそれが何であるかを望んでいませんでした、他にはもちろん、それは彼女が彼女にして欲しいものではなく、それがどのようにありえようとしていませんでした。