結婚式で何が起こったのかを知っているのは新郎だけで

結婚相手がそのような反応を起こすことは明らかに不可能です。

女が安堵のため息をついた後、彼はすぐに正面が監督の役職ではないと考え始めましたか?男が故意に凜を採用するために会社にやってくるのですか?彼女はまた、昨日、男の前でディレクターに言及しましたが、男と会社のディレクターは本当にお互いを知っていますか?男は、颯真を見つけに来ました、女が少し驚いているだけでなく、他の同僚も非常に驚いています、そして最も驚くべきは、自分自身を湊です!彼は昨日出張していたので、昨日は会社に何が起こったのかについては何も知りませんでした。彼が会社に着いた後、彼が昨日起こったことは長すぎないことに気付いただけで、彼は何も考えていなかったということでした。会社、それは彼に直接向けられているようです!
これ以前は、湊は男と直接の取引を行ったことがなく、男が最初の朝になる前は常に婚約者の結婚相手のに個人的に受け入れられていましたが、その後は時々続きます説明のポイントを作るために、彼の意見では、男は彼の存在があることを知っているかもしれませんが、家族の大統領の立場では、それは彼にあまりにも多くの考えを置くべきではありません。
それで、彼は突然男が朝にやって来たことを聞き、そして彼は直接彼のもとにやって来ました。アシスタントが報告するようになってから、彼が湊に準備をさせる時間が来る前に、湊は男が彼のオフィスに入ったことを知りました。まだ仕事の準備をしていた湊はすぐに彼の席から立ち上がって彼が起きる前に男を迎えた。
「郭少、ごめんなさい、あなたがやってくるのかどうか、私はあなたに迎えられるべきかどうかわからない!」

相手がどんな理由であっても、湊は彼が今すべきことは彼に挨拶することであるということを知っています!
「私はたった今来た、あなたは緊張する必要はない、座って!」

それは苦い苦しみ始めました!

男は、湊が特に放棄した位置には行かなかったが、事務所のレセプションエリアのソファーに向かって歩いた。これは、湊がソファーの上に座っていたことを示している。男は非常に心配していないように見えますが、彼は緊張しないと彼にさえ示しました、しかし、彼が男の意味を知る前に、湊の心でできることは容易にリラックスできなかった。結局のところ、昨日は婚約者の結婚相手の氏のように、新しいゼネラルマネージャーが就任しなかったときに男氏が再びやってきました。湊は、彼が会社でミスをしていないこと、そして会社の利益を傷つけていないことを信じていますが、彼は会社に熱心に取り組んできました。しかし、その当時、結局のところ、早朝の広告は結婚相手の陽翔に属していましたが、男が本当に何かをしたいのなら、彼はまったく何もできませんでした!

「今日、なぜグシャオがやって来たのか、私にはわからない。それは何のためなのか。注文があれば、グシャオは実際には個人的に恣意的に手配されている。」


ゼネラルマネージャーになりたいですか?

「今日、なぜグシャオがやって来たのか、私にはわからない。それは何のためなのか。注文があれば、グシャオは実際には個人的に恣意的に手配されている。」
湊は男を見て彼自身の疑問を提起した、それは彼だけではないことを私は恐れている。
「もし言ったら、今日ここに来てあなたを具体的に見つけましょう!」
男は婚約者の結婚相手のを変更せずに見て、この人の心の中で最も本当の考えを見たいようでした。ゆっくり開いた後、男は、湊が彼の言ったことを聞いた後の反応も観察した。


花嫁のを見ていましたが


私を探して?
湊は驚いて言いました、彼は本当に男が何かを見つけるために彼に来たことを本当に信じていませんでした、それは本当に彼が前に考えたことです、男は会社のすべてを変えたいですか?このように考えると、湊の顔はちょっと醜いのですが、結局のところ、彼の朝の広告の時間はそれほど短くはありません。
「郭少は言うべき何かを持っている、ちょうどそれを言わせよう!」

私はすでに私の心の中で考えを持っています、そしてするべき最悪のことは何ですか!したがって、湊は男の外観、かなりの死の感覚を見ています。最悪の結果は、男が彼ら全員を会社から引き離そうとしていることです。このようにドラッグするのではなく、すぐに言えばいいのです。

「この場合、それから私はそれをまっすぐに言う、湊、あなたは婚約者の結婚相手のゼネラルマネージャーを引き継ぐことに興味がありますか?」
その理由の一部は女が昨日述べた言葉によるものであるが、男は今日湊を見つけるようになり、男に湊の注意を払わせ、彼に彼に教訓を与えるべきかどうかについて考えさえした。女だ!しかし、それはまさにこれが理由で男が湊の状況についても一定の理解をしたことですが、それは男に湊をもう少し感謝させることです。
男の翼グループが数年で非常に速く成長できるのは、男が才能に恵まれていないからで、才能を発見するのは非常に得意です。したがって、湊への感謝の心を持った後、男は自然にそのような才能を簡単にさせないでしょう!もちろん、これの前提は、男が湊は彼が以前考えたのと同じ感覚ではないと判断したからであり、そうでなければ、相手が能力を持っていても、彼は自分の女性以外にそのような脅威をさせないでしょう!湊のことをいくつか理解した後、男はおそらく、湊もストーリーテラーになるべきだと知っています!気を配っている女性を見ると、男は彼にもう少しの報酬を与えるべきです!

プロポーズする場所

蘇寧氏の目は広がってぐうぐんを見つめていましたが、彼はぐっくんのために朝の広告を残すと言うかもしれませんが、ぐっくんの口からそのような文を聞くことを期待していませんでした!

彼が婚約者の結婚相手の前の役職を引き継ぎ、婚約者の結婚相手のゼネラルマネージャになろうか。男これは深刻なのか、それとも冗談なのか?あなた、あなたは冗談ですか?
「あなたは私が冗談のようだと思いますか?」
男は、湊を真剣に見たが、彼の顔には何の表情も見られなかった。湊は男を見て頭を横に振った。男のアイデンティティのような人はどうやって彼を特別にここに招き入れて、ただ彼と一緒に面白い冗談を言ったのだろう!


夫婦について言及していることを聞いたとき

しかし、そうであっても、湊の心はまだ幾分信じられないほどであり、男は実際に彼に結婚相手の広告のゼネラルマネージャーを任せるよう提案するであろう。それ!結局、男と彼はなじみがないですね。郭少、私はその理由を知ることができる?
なんだ、したくない?

たぶん誰かが変わった、今度は長い間約束されたもので忙しくしてきました。しかし、それはまさにこのためで、男が湊に感謝していることであり、婚約者の結婚相手はあまりにも衝動的で功利主義的すぎます。いいえ、男の信頼を得ることができることは私の特権ですさらに、それは私の能力の認識でもあります。結局のところ、私はすぐにここで立ち止まると言いたいのですが、昨日のピークの問題はグー・ユッチェンの意見では良いことではないと思いました。男に直面して、婚約者の結婚相手のに言及することは男を不幸にするかもしれません。私が婚約者の結婚相手の名前を聞いたとき、男の心は本当に少し不幸でした、しかしそれはそのような理由のためではないでしょう。結局のところ、彼は運命を受け取らなかった、そして突然彼はゼネラルマネージャーに昇進したと聞いていました。

夫婦に向かったので


「私は朱愛梨のようなものを見たくありません、私は再びそれらを見たくありません。私はあなたがそれをすることができると信じます。結婚相手のゼネラルマネージャーにアップグレードすることを決心する前に私はあなたについて多くの調査をしたに違いありません。実力、あなたが朝を先導して良くなることを願っています。」
男は安心しました、私はあなたの信頼に応えません!しかし、私は要求があります。
あなた、お願いします
要求は言うまでもありませんが、会社全体が男です、彼は彼が望むものではありませんか?しかし、私は、男の言葉が湊の男に対する印象をさらに良くしたと言わなければなりません。

以前、彼は結婚相手の陽翔男の行為について聞いていませんでしたが、部外者は男は無関心で決定的に行動していると述べましたが、今、湊の観点から、男の決定的な要素は人間に関してすべてを考えています。無関心、彼はそうは思わない、反対に、男の無関心の出現の下で、それは人々への尊敬です。
「それは非常に簡単です。会社の計画部門があなたから直接管理され続けることを願っています!」

実際には、一般的な会社のプロセスによると、計画部門のディレクターとして湊の昇進後、必然的に新しい計画ディレクターがあるでしょうが、男の言葉の意味は明らかに湊を会社のゼネラルマネージャーにすることです。同時に、彼は計画部門のディレクターを務め続けました、つまり、湊は女の直接のリーダーシップであり続け、それは本当に男の利己的な態度であり、女が会社で公正な扱いを受けられることを望みます。結局のところ、彼は常に女の状況を理解することができないし、女の感謝を認めることもできない、男はこの湊の直接のリーダーが保持されていると信じています。それは女だけに良いでしょう!