女と一緒に家にいました。

状況は大きく変わりました!


「さて、女と大和が私の事務所に来て、残りは仕事に戻ります!」
その後、湊は完全に向きを変えて会議室を去りました。会議室の残りの部分では、女と大和の居場所を見ていましたが、興味をそそる人たちがいて、なぜ2人の名前を付けただけなのでしょう。しかし、昨日のことをすぐに考えた人もいますし、みんな楽観的なドラマの顔を見せました。
「女、どうして大和と一緒に電話してくるの?」
李魏は、失望して大和を見たときに言った、彼女は過去にそれを理解することができたと言った。結局、彼女の意見では、結婚相手は女に非常に珍しいです!しかし、いまいましい大和は何ですか!彼女のような人は会社から直接追放されるべきです!こんにちは!わからない、過ぎ去った。

夫婦に向かったので

女はおそらく湊がこのプロジェクトについて彼女に話すだろうと思ったが、同時に湊は大和に電話をかけ、女の心はやや場違いとなったが、それでも湊には女が信頼している。私が龍之介と話した後、私は湊の足跡を彼のオフィスまでたどることを計画しました。
湊は計画部の部長によって会社のゼネラルマネージャーに昇格されていますが、彼のオフィスはまだ前に部長を計画していたものであり、変わっていません。管理部門のスタッフは湊に尋ねました、しかし彼らは彼らがそれに慣れているとちょうど言った、そして彼らはオフィスを変える必要はありません。私が湊の事務所のドアへ歩いたとき、女と大和が再び会いました女は大和を見て彼女に何も言うつもりはありませんでした彼女はドアを踏み出して湊の事務所に入る準備ができました。
しかし、女は大和について知るつもりはないが、大和が女について何もしようとはしないことを意味するのではなく、彼は湊から挨拶があり、準備ができていると語った。ドアに入ると、大和は突然前に飛び出して激しく叩きつけ、女の体を横に倒して数回叩きつけました。大和が女を突破した後、彼は直接湊のオフィスに入らず、頭を向けてしばらくの間それを見て彼の姿を安定させた。湊のオフィスに喜んでいます。女は彼の隣の壁に寄りかかり、ゆっくりと体型を安定させました、彼の顔は少し醜いです。湊の事務所に入った大和の後ろを見上げて、女の顔は初めてとても醜くなりました。この女性は本当に無理です!最高のセックスをしている人でさえ、もう我慢できません!



結婚前恐怖症を持つことができます!

やあ
女は今度は大和を見なかった、そして湊の顔を静かに見た。大和はもともと安堵のため息をつくことを望んだが、女がたとえ彼女が彼女に会えなかったとしても彼女を見さえしないだろうとは思わなかった彼女の考えを実行する方法がなく、盲人の目にそれを送る方法がなかった!
うん
潮を引くチャオムーはうなずき、そして彼の目の前に二人の男は、彼は目に見ることができます。

女と一緒に家にいました。

プランニングディレクターとして長い間、通常仕事に加えて、彼は次の人々がしたことを管理しませんでしたが、次の従業員の仕事のスタイルに関しては、多かれ少なかれまだある程度の理解を持っています。大和が女が入ってきたのを見たばかりだったのは、ほんの少しの見た目でした。
昨日、湊は会社にいませんでしたが、結局、そのような大きなことが起こりました、そしてまた、湊は昨日の事件の詳細な理解をしました、そして彼は今昨日の出来事のために同時にシステムと大和を呼びました。。とにかく、昨日のこと、彼はまだすべての人にアカウントを与えなければなりません、結局のところ、彼が昨日出発したときの男の意味は、すでに非常に明白に表れています!さらに、これは彼が就任した後の最初のことでもあります。

「私は、あなたはすべてあなたの心の中で知っているべきだと思います、なぜ私はあなたの2人に一緒にやってくるように頼みますか!」
颯真は、皇帝女と大和がお互いを見ている間、彼らが答えを待っているようだと述べた。女は彼がここに来る前に確信が持てなかったが、湊の現在の外観を見た後、彼はおそらく確信していた。それは昨日のことなので、誰もがその昨日のことを知っています、欠点は彼女ではありません、彼女は遊びを見るためにここに立って、心配する何かを持っています!昨日、男の前で、女は大和のためにいくつかの良い言葉を言った、そして男が大和に力で対処することを望まなかった。

結婚相手は彼女が彼女を見ても驚かないことを見た。

しかし今、女の心は少し後悔しています!大和のような人はすでに不合理な立場にあるので、それが最初に変更された場合、彼女は間違いなく男の前でそれを言うことはありません!愛はどうですか。それで、今、湊は昨日のイベントに対処しなければならないので、女はもうこれ以上離れないでしょう!
とにかく、大和は間違いなく彼女の良い覚えているつもりはないですが、それは悪化しています!驚いたことに、女はそのような素晴らしい人を見たことがありません!大和と比較して、大翔の家族はそれほど良くありません!女は話しませんでした、しかし大和はそれを助けることができませんでした。
「こんにちは、ディレクター、いや、こんにちは。私は学校を卒業して以来、午前中に仕事をしています。今から数年が経ちました。過去数年間で、私の会社に対する貢献は、それは誰にでも明らかです、私の仕事の能力はまたすべてに明白です。」


結婚式で何が起こったのかを知っているのは新郎だけで


大和は昨日直接言っていなかった、なぜなら彼女は心が少し怖いので、彼女は朝の仕事の状況から始まっただけで、湊は非常に感情的な人物であることを知っていた、と彼女は言った。その後、湊が動いている限り、それは彼女の姿ではないはずです!多分、彼女はさらにいくつかの単語を言っていますが、また湊によって再利用することができます!結局のところ、彼が計画部門を率いるつもりであると言っても、計画部門は新しい計画ディレクターをアップグレードしませんが、それでも彼女に管理職の地位を与えることは可能です!
「婚約者の結婚相手が長い間会社にいて、彼の職歴はすでに非常に豊富です。しかし、昨日のような間違いであれば、それをコミットするべきではないと思います」

湊は彼が彼の前でうなずいたと言った、しかし彼が彼が後ろにいたと言ったとき、彼は突然彼の声を向けました。大和は、湊の言葉の前半を聞いたときはやや誇りに思っていましたが、文の後半を聞いた後、すぐに彼の顔は変わりました!
彼女はもともと、湊の言葉は彼女を賛美することだと考えていたが、それを聞いた後、彼女は湊の言葉が明らかに彼女を数えていないことを発見した。彼女は、長い間会社にいたと述べ、会社の規則と規制に精通していると述べましたが、会社の規則と規制には精通しているので、会社に長く滞在しました。しばらくして、私はこの間違いをしました!私は自分で穴を掘って自分を埋めた!女は湊と大和の間の対話を聞き、彼女の顔の前では反応がなかったが、彼女が後ろを聞いたとき、彼女の顔は間違った表情を見せた。女は、そのような直立した人がそのようなことを言うことさえも期待していませんでした!