夫婦自身の評価が外部環境から来ることが多いからです

指輪が彼女を聞いてくすぐると思っていた

はい、そうでしょう。妻多分それはOKですが、私はそれを行うには時間がかかるでしょう。まあ、私はこの層についても考えていませんでした。たとえば、服を洗う必要があります、笑いながら、妻実際、ティムは服を洗っています。夫婦は夫のアパートの隣人です。大きなバスケットを彼の部屋に入れたいですか?妻。彼女は夫に面白かった。彼女の緊張感が減り、心拍数が減った、夫。それでは。私が最初の日に家に帰ると、私は妻をやろうとします。はい、折りたたみたいものを積み重ねることができます。特にタオル、下着、ベッド、公共の洗濯機で衣服を洗濯する、衣類を乾かすことができます。

夫婦の努力が不可欠です

洗濯物にバスケットを置き、寝具は折り畳まれています。はい、妻。この交換で、私はバスケットの中にあるものを見ます、彼は彼女の影響力を受け入れました、おそらく最も重要なのは、4人の騎士がいないことです。夫婦は危険な婚姻紛争の兆候です。プロポーズが穏やかに会話を始めたので、騎兵は現れませんでした。逆に、頻繁な喧嘩が4人の騎士を交代で出現させ始めたため、夫と妻が圧倒され、夫と妻の感情的な疎外感が増し、徐々にアポトーシスが起こりました。今回は複雑すぎて破壊的です。絶えず葛藤するのを避けるために、夫と妻は互いに疎外され、友情とつながりを失うため、結婚はしばしば終わります。カップルの40%が離婚します。そのため、このシーンはとても重要です。彼女は笑いながら、この声明はとてもかわいいと思っています。夫が洗濯を考えたことが一度もなかったことを認めて夫を待っていた時、妻は穏やかに優しく夫を批判したり軽蔑したりしていたので、会話は実際にそのような結果をもたらしました。

 

結婚式で撮った映像を後から見た時も

結婚生活の改革です夫婦は一年の経験があり

夫婦はこの紛争を解決する計画を思いついた。夫婦はこれを行うことができるので、この紛争は夫婦自身と結婚にもっと自信を持てるだけです。妻にとっては、この気持ちは巨額の銀行預金であり、実際には楽観的な態度、この態度は、夫婦が次の葛藤を解決するのに役立ちます。健康的で幸せな結婚では、夫と妻の間に大きな違いがあるかもしれません。私はすべての服を積み重ねる人が好きではありません。お互いを批判したり、軽蔑したりしないでください。しかし、私の妻は、このようなことを言っている可能性が非常に高いです。これは優しいスタートです。寝具を止めて積み重ねないと、私は本当に怒っています。しかし、昨夜洗濯バスケットを過ぎたとき、誰かを批判したり傲慢に非難したりするのではなく、問題そのもの。

婚活をたびたび目にします私は彼の愛を失った。彼は自分自身と憤りを落ち着かせるためにちょっとした時間が必要です。プロポーズはこのように自分自身を閉じ込めるでしょう。しかしプロポーズは必死に彼の空間を圧迫した。彼女はそれを理解せず、空が崩壊すると思った。指輪が黙っていた理由は、ちょっとした悩みを解消するための小さな部屋しか持たないことだった。指輪は指輪を繰り返し悩ましていた。彼女は指輪の想像力に悩まされなかった。実際には、極端な怒りの場合にのみ、実際には男性の閉鎖は単なる非自発的な本能的な反応であると思われます。しかし、女性にとって、これは正しく理解できません。なぜなら、男性の一人が怒って自分自身を閉ざすと、男性は不当に、ある程度まで、彼女を処罰しているように感じます彼女をコントロールしている。
不運な結婚では
不運な結婚では

婚約者にまで広げただけでなく

夫婦は地域社会の精神的遺産を残すことに決めましたインドの伝統では、彼は妻に警告します。洞窟に従うならば、戦士が不満を感じるならば、これは男性がコントロールできない自己防衛の仕組みです。彼を悩ます問題を慎重に検討する。ストレスを受けている男性は一人で静かに自分の洞窟に退くために時間が必要であることを理解しています。誰も彼の後を追うことはないでしょう。このため、洞窟の火の竜が燃えるでしょう。しかしプロポーズはそれを考慮すると、自然に洞窟から出るでしょう。ストレスの多い状況に直面して、女性の特質が高度に発達している男性でさえ、大部分の男性は感情を閉じて、巨大な圧力に直面したときに撤退する傾向があることを忘れてはならない。男性の基本的な性質は、男性が客観的に状況を観察することです。意識が全体的に縮小し始め、一点に集中して何が起こったのかを確認しようとしました。

結婚が終わる夫婦は

その後、男性は感情的な嵐の中から自分自身を引き離し、感情的な反応に影響を与えないように努力します。圧力を克服するためには、夫婦は一時的に引っ込めて、しばらくの間滞在する必要があります。結果として、それらの強度が強化される。圧力の下で不穏さは間違いなく夫婦が夫婦自身の主観的な感情を扱うことは不可能になります。ゲールケイとデアリンスは必然的に誤解や憤り、紛争を引き起こしたとは知らなかったのです。男性が瞬時に感情を完全に止める能力を持っているだけでなく、ただちに自分自身を即座に開くことができることを知ること。離婚に言及するとき