夫婦の相違にもかかわらず結婚にはまだ満足しています

婚約者にはバッファ時間があるので

愛する気持ちが落ちました。私たちの性的愛はそれほど愛情的ではありません。●私たちは大きな変化にうまく対処できません、例えば、児童の誕生、失業、移転、永続的な解決は現在問題ではありません、この問題のいくつかの特定の側面があります。病気や愛する人が死亡した。私たちは物事をどう扱うかについて非常に異なる意見を持っています。この事件により、私の配偶者は私を疎外させました。この事件は、私たちをいらいらさせました。この事件は多くの喧嘩を招いた。私が心配していることは、これがすべて何になるかということです。私たちの現在のポジションは非常に異なっています。●私たちは、子どもに関する大きな問題、このタイプの質問には子供を求めるかどうかを問わない、を扱うことはできません。私たちは子供たちのために異なる目標を持っています。私たちは子供たちの規律について異なった見解を持っています。私たちは、子どもを育てる方法について異なる見解を持っています。私たちは子供たちに近づく方法に問題があります。我々はこれらの問題についてよく話すことはできない。これらの違いには、緊張と怒りの要素がたくさんあります。●私たちの結婚は、自宅にいる親戚が関わる重大な問題や事件をうまく扱っていません。私は配偶者の家族に受け入れられたとは思わない。私は時々、私の配偶者がどんな家族に属しているのだろうかと思います私は自分の家族に受け入れられたとは思わない。-私たちは何が起こるかについて非常に緊張しています。この問題は多くの刺激的なものを引き起こしています。●私たちのうちの一人は、外にいる人たちと仲良くしたり、不倫をしたり、嫉妬したりしています。

婚活と比べると外国人との婚活の場合

  • 婚活して以来私はそれ
  • 結婚を維持するよりはるかに良い
  • 夫婦の秘密は何ですか夫婦の行動が必要行動礼儀保証される


婚活しようと慎重になり


指輪の怒りを持っていました夫婦の夢はまだ敵対的ではある

この問題は多くの痛みの原因です。これは不安を生み出す問題です。私たちはレジャーや趣味に違いがあります。私たちは人生とは違うものを手に入れたいと思っています。我々は異なる方向に動いている。私は配偶者と一緒にいるのが好きではありません。●私たちの結婚生活には非常に厄介なことがたくさんありました、暴力、薬物使用、恒久的な問題などは今は問題ではありませんが、この問題のいくつかの側面があります、私たちの間には身体的暴力がありました。私たちの生活の中でアルコール依存症や薬物乱用の問題があります。この問題は私の結婚を私の元のビジョンから外しました。私たちの結婚契約は変わりつつあります。私は配偶者の要求の一部が気分が悪くなったり嫌になったりするのを発見しました。今私はこの結婚に少し失望しています。●我々はチームとしてはうまくいかない。私たちはもっと家事を分かち合いました。私たちは、家事や子供の世話とは反対の方向に走っているように見えます。配偶者は仕事を均等に分かち合っていません。私の配偶者には財政力はない。私はこの家族だけを管理していると思う。配偶者はあまり配慮していません。

結婚していない人もいますし

彼女は場所が非常に重要だが、婚約者はこれらを気にしないので指輪は自発的に入場を進め指輪の座席を離れることができたことを発見したため。その結果指輪はいつも婚約者のアプローチに心から感謝していました。女性は男性を理解していません。男性はテレビシリーズのシーンを最初に考えていることを理解していません。俳優は、彼が今始めた関係を苦しんでいるのですが、なぜですか?彼はガールフレンドが何を考えているかは隠されていると考えているからです。困っているなら、それを言う。私は困ったことをどうやって知っていますか?ダウンラインは重要であることに注意してください。どのように私が知ることができない、私はあなたを見て知っているだろう。多くの人が驚いていると言わざるを得ませんが、女の子のトラブルはどのように予測でき、俳優は感覚の兆候なしにそれを理解することができますか?しかし、これは人生です。


夫婦は反撃を開始するまで状態は続きますしかし

婚活する前にしっかりと整理しておきましょう

このシーンは、ヒロインのコーヒーショップでセレンデーズを演奏した若くてハンサムな裕福な息子よりも現実的かもしれません。男性はしばしば他の人の感情を観察するが、夫婦は自分の気持ちを知らない。夫婦の意見では、夫婦は感情によって動揺することのできない合理的な動物でなければならない。脳構造から、男性と女性の両方、夫婦の脳は感情を感知する機能を持っている、明らかな違いはありません。したがって、悲しみや愛と幸福に直面していても、人間がしばしば私たちが大人になっていると考えることが多いため、感情を感じることさえできないということさえも否定できます。このような思考で搾り取られた男性は、現実には男性と女性が異なるように見える理由を持っていますが、恐れや孤独という視点から、男性はしばしばそれらを心の中に隠しています。


婚活適齢期と重なります

本当の人にとっては、これは男のようになります。何かのために気持ちに影響されることはありません。長い間、夫婦は常に成長するように言いました。しかし、ここでは非常に重要な問題があります。男性は本当に感情を知覚することができませんが、単に夫婦が感じるものを理解していません。予想どおり、ディックの仲間は再びみんなの注目を集めました。毎月の高校時代の同窓会で、大学で勉強していたアルドリッジは、ユーモアとユーモア感覚の人に再び会いました。どこに行っても、常に雰囲気を伝えることができました。しかし、この人はしばしば残念なことに冗談を言って、後で宴会で始まり、貧しいアルドリッチはしばしば犠牲者として扱われます。